産後のママさんやパソコン・スマホ操作が多い方の悩み

産後やパソコン操作で多い腱鞘炎ですが、手関節の橈骨茎状突起部、指の中手指節関節部に多く、いずれの場合も痛みや腫脹がみられます。
橈骨茎状突起部の腱鞘炎は、ドケルバン病とも呼ばれ、女性に多いです。
いわゆる、親指を中に入れてグーにした状態で小指に倒す動作で激痛が走ります。
これが、産後のママさんに多いです。
また、パソコン操作が多いデスクワークの方にも多いです。

腱鞘炎の症状

このような症状でお困りではありませんか?

    • 手首を動かすと痛い
    • 親指を曲げたり広げたりすると痛い
    • 痛みが強いので子供を抱っこするのが辛い
    • 瓶の蓋を開けることも痛みで出来ない
    • ドアノブを回す動作すら痛い

腱鞘炎になる理由

shinmaimama

なぜ、産後のママさんには腱鞘炎が多いでしょうか?

出産後、特にお一人目のお子さんのときに多いのが腱鞘炎です。

慣れない抱っこの上に、産後間もない時はお子さんの首が座っていません。
どうしても肩や腕、特に手に力が入ってしまいます。

しだいに肩、腕、手の筋肉に疲労が溜まり、指が痛い、手首が痛い、親指の付け根が痛い・・・こんな症状が出てきます。

それをそのまま我慢し続けていたら本当の腱鞘炎になってしまいます。
我慢せずに早いうちに周りの筋肉をゆるめ、できるだけ負担のかかりにくい抱っこの仕方などを身につけることが重要です。

【 当院では 】
疲労や緊張で凝り固まった腕・肩を緩め、腕周りをメインに施術します。
まだお子さんが小さいうちは、なかなか痛みが取れないことも多いですが、抱っこの方法も必要に応じてアドバイスさせて頂いております。
子供を抱っこしない訳にも行かないことですので、上手く乗り越えられるように行動することが大事です。
なぜ痛いのかが理解できれば予防することも可能です。

子守り付きのキッズルームもありますので、一人で悩まずお子様とご一緒に来院してください。